コンパニオンにはチップをあげるべき?

コンパニオン遊びになれてくると、もう少し違った楽しみ方はないものか、と考えるようになるものです。もちろん、当たり前に一緒にお酒を飲んだ入り、会話を楽しむだけでも十分に満足することができますが、それを何度もくりかえしているうちに、人は自然と新しい刺激を求めるようになるものです。
いつもとは違ったタイプのコンパニオンを読んでみるのももちろん新しい刺激となりますので、おすすめですが、ちょっと違った方向で考えてみましょう。
例えば、あなたはコンパニオンにチップをあげたことはありますか?料金を払っているのに、それ以上に渡す必要なんてないのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、場合によってはもっとコンパニオン遊びを楽しむことができるかもしれません。

そもそもチップを渡す意味って何?


日本では基本的に料金意外でチップを渡す習慣はほとんどありません。しかし、海外では飲食店やホテルなどでも対応してくれた人にチップを渡す習慣があり、海外旅行などへ行った際に戸惑ってしまうという方も多いようです。
そもそも、しっかりと料金を払っているにも関わらず、チップを渡す必要があるのでしょうか?もちろん、チップを支払わなかったからといってサービスを受けられないわけではありませんし、日本ではそれで相手の気分を害してしまうようなことはまずありません。だったら意味ないじゃないか!と思われる方も多いかもしれませんが、意味はちゃんとあるのです。
チップは料金ではなく、相手への「気持ち」です。誰だってチップをもらえれば悪い気はしません。それが結果としてより良いサービスにつながる可能性は十分にあるのです。
もちろん、過剰な期待をすることはできませんが、確実にサービスが普段より良くなると考えていいでしょう。

チップの相場はどのくらい?


では、具体的にチップはどのくらい渡すべきなのでしょうか?もちろん「気持ち」ですので、額に決まりはありません。ですが、コンパニオンの場合、一般的に数千円から多くても1万円程度が相場です。チップが少なかったからといって、サービスを手抜きされるなんてことはありませんので安心してください。本来は渡す必要がないものなのですから。
ただ、お店によってはチップの受け取りが禁止になっていることもあります。なので、断られた場合は、無理に押し付けたりしないようにしてください。

チップは絶対に渡さなければならないといったものではありません。ですが、普段より充実したサービスを受けられる可能性もありますので、余裕があるときは気持ち程度に渡してみてはいかがでしょうか。